スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

不妊症の原因は男性にもあります!夫婦一緒に改善しましょう。 

不妊の原因は、女性だけでなく男性にも原因がある可能性がある、

ということはご存知ですか?


ご存知だとしても、「どうせ人数は少数でしょ」と

思っている方がいるかもしれません。


実は、男性で不妊症になっている人の割合は女性の不妊症の割合と

同じくらいなのです。


つまり、不妊症かな?と思った場合、女性だけでなく男性も

病院で検査を受ける必要があります。



男性の不妊の原因は、考えられる大きな原因は2つあります。


まずは、精子の異常です。


数が少なかったり、活動が活発でなかったりといった異常ですね。


もう一つは、性機能障害です。


精子を作る精巣の異常や、射精障害などです。


女性の場合もそうですが、きちんと原因を突き止める必要があります。



ちなみに、病院へ行かなくても不妊の原因を特定し、

3ヶ月で不妊が解消できる方法があります。


この方法は何やら女性向けのもののような感じがしますが、

男性にも効果はあるようですよ。


夫婦でこの方法を試してみることが可能なのです。


しかも、薬や器具を使うわけではありません。


決して危険な方法ではないので安心して下さい。



体に負担がかかる方法を使わず、1日5分あることをすれば良いだけなので

とても簡単です。


夫婦で一緒に行えば楽しいですし、長続きもしやすいですよね。


不妊症というのは、女性にばかり問題があるわけではなく、

夫婦の問題だと言っても過言ではありません。


夫婦で一緒に不妊を解決していきましょうね。
スポンサーサイト

不妊症に症状はあるのか?体に負担をかけない不妊解消法とは? 

不妊症には、様々な原因がありますが、症状はどのようなものがあるのでしょうか。

不妊症とは、何らかの原因によって妊娠できないことを「不妊症」というため、
不妊症自体には症状はありません。

しかし、不妊症の原因が何らかの病気である場合、症状はあります。


では、どのような病気が不妊症に繋がりやすいのでしょうか?

子宮内膜症、子宮筋腫、ポリープなど子宮に何らかの疾患がある場合と、
排卵障害、卵管閉鎖など卵巣や卵子に異常がある場合が多いです。



子宮内膜症になっている場合、生理の時に強い痛みが出たり、
生理の時以外でも下腹部が痛くなったり
レバー状の塊が出るなどの症状があります。


同じく子宮の疾患である子宮筋腫は、基本的には自覚症状はありません。

しかし、生理の血の量が多くなったり、塊が出てきたりします。

500円玉異常の大きさの塊が出るなら要注意です。

日中も夜用のナプキンが必要だったり、
30分置きにナプキンを変えなければいけないくらいの血の量であれば
子宮筋腫を疑いましょう。


卵子の発育が十分に行われず、正常な排卵が行われない排卵障害の場合、
生理不順や生理が来ないといった症状が現れてきます。

上にあげたような症状が出ている場合、すぐに病院に行きましょう。



何かしらの病気がある場合、病院での治療は不可欠ですが
不妊症自体は病院へ行かなくても治すことができます。

1日たった5分で、自宅でお金もかけず不妊症を直す方法があるのです!


この方法は、不妊の原因を取り除き、
1日5分あることをして妊娠しやすい体を作ります。

たったこれだけです。

薬品を使うわけではないので、体に害は全くありません。

もちろんお金もかからないので、金銭的な負担もあまりありません。

つまり、お金をかけず体を傷つけず不妊症を解消することができます。

体に害があればせっかく妊娠しても健康でいられるか分かりませんよね。

やはり体に負担をかけない この方法が一番です。
カテゴリ : 不妊症の症状
2010-10-28(Thu) | トラックバック : 0 | コメント : 0

不妊症の原因。簡単なチェック。 

不妊症とはどういったものを言うのでしょうか。

定義としては妊娠を望みながら2年以上夫婦生活を営んでも、

妊娠に恵まれない場合を不妊症といいます。

避妊しなければ約90%の方が2年以内に妊娠しますから、

約10%のご夫婦が不妊症ということになります。


昔であれば、不妊の原因は女性側にあるとされ、長期間妊娠できない女性は

夫ないしその家族から離縁されることもあり、

またそれは慣習的に認められていました。同様に女児ばかり妊娠する女性も

離縁の対象になることがありました。


現在ではそういったことはありませんが、中には旦那の母親から嫌味を

言われる・・・といったことはあるのではないでしょうか?

大須賀式妊娠成功プログラムで妊娠を成功させた方はたくさんいます。



では、どういった人が不妊症になりやすいのでしょうか?

不妊の原因となるものを簡単に公開します。


まずタバコを吸うことで男女共に不妊の確率が上がります。ニコチン、タールの

血管を収縮させ、ホルモン分泌に悪影響を与えることが、

不妊の原因となるのです。


次にカフェインです。1日にコーヒーを3杯以上飲む女性は、

染色体異常、自然流産、妊娠が遅れる可能性が高くなるといわれています。


次はアルコールです。男性は奇形精子の増加、勃起障害など、

女性は生理不順、排卵障害を引き起こす原因ともなります。


次は男女共に肥満の方です。コレステロールなどを摂取し過ぎると、

精液にも脂肪が多く混ざり、精子の運動率が下がるので肥満の男性は

運動能力の悪い精子が多いことが分かっています。女性の場合は

下脂肪には、女性ホルモンを吸収する働きがあるので、

脂肪が多くなるとホルモンのバランスが崩れ、排卵障害を

起こしやすくなります。また太りすぎの割合が高くなればなるほど、

無排卵になる確率が高くなります。

その逆の痩せすぎも原因になります。

痩せすぎは月経の不順を引き起こします。痩せすぎでも生理が

通常に来ているのであれば大丈夫です。


次は中絶歴です。2回以上もしくは月齢4ヶ月以上の中絶経験がある場合は、

自然流産の発生する可能性がやや高まります。妊娠した時や不妊治療で

医師にかかるときは、必ず中絶歴を隠さず、正確に答えましょう。

また、3回以上の流産も習慣流産と言われます。

大須賀式妊娠成功プログラムこちらでもチェックすることができます。


上に記したことが思い当たる方は注意が必要です。

不妊と基礎体温との関係とは? 

子どもが授かるためには、女性の体が排卵している必要がありますよね。


基礎体温を測れば、排卵のタイミングが分かります。


実際に、不妊症で病院へ行ったときも、基礎体温を計るように

医師に言われますよね。



女性の体の中で、排卵を起こす働きをしているホルモンがあります。


このホルモンが分泌されると、排卵が起こるのです。


分泌量が多くなってくると、脳の体温の中枢が刺激されて体温が上がります。


つまり、基礎体温が上がってくると排卵のサイン、と考えても良いですね。



基礎体温の測り方は、朝起きたら体を動かす前に測ります。


どこで測るかは、毎日同じ場所で測るのであればどこでも

問題はないようです。


毎朝同じ時間に測る方が良いです。


測ったら、基礎体温表に記入します。


折れ線グラフの形で記入するのが一般的ですね。


理想的な基礎体温の推移は、基礎体温が上がる「高温期」が12日~14日続き、

普通のときと高温期の体温差は0.3~0.5度、

低温から高温へ1~2日程度で推移するようなグラフになることです。


しかし、なかなか理想通りにはいかないものです。


高温期が短かったり長かったり、体温差が小さかったりなど

理想とは違う推移になることもあります。


体温が安定せず、高温期なのかそうでないのか分からないグラフに

なることもあります。


これでは、排卵のタイミングなんて分からないですよね。



そういった方にも安心の1日5分でできる不妊解消法があります。


1日5分でできるので簡単ですよね。


基礎体温を測り、記入するのと時間と同じくらいの時間で、

不妊の改善ができるのです。


もちろん、基礎体温を測る方法のように、体への負担はありません。


お金も余りかからないので安心ですね。


このプログラムで簡単に不妊を解消しちゃいましょう。

不妊症の原因で多いのはクラミジア!?症状がないので危険! 

不妊症の原因には様々ありますが、クラミジアという感染症にかかっているという原因で

不妊症になっていることも多いです。


クラミジアとは、性感染症のひとつで、性感染症の中で最も感染者が多い病気です。


自覚症状がほとんどないので、気付かずに発見が遅れてしまうことも多いです。



そもそもクラミジアとは細菌に分類される微生物で、ウイルスよりも少し大きな生物です。


クラミジアは特殊な増殖の仕方をします。


ヒトの細胞に感染すると細胞内に侵入し、分裂・増殖を行います。


2日~3日で増殖し、細胞を破壊して外に放出されます。


外へ出たクラミジアは他の細胞へと入り込み、増殖・破壊を繰り返します。


そして、女性がクラミジアに感染した場合、上腹部へと感染が浸透していきます。


感染初期には自覚症状がない場合が多いので、知らないうちに感染が広がり、

卵管閉塞、卵管周囲癒着を引き起こし不妊症の原因となる傾向があります。



ちなみに、感染した女性のうち5人に1人くらいしか症状が出ないと言われています。


妊婦に感染してしまった場合、陣痛を誘発させるので、

流産や早産してしまう原因になることもあります。



治療は男女両方で行うのが理想的です。


妊娠を希望している方は、ご夫婦で一度病院で検査してみた方が良いかもしれませんね。


もしクラミジアに感染していることがわかったら、抗生物質などで治療します。


治療が進んできたら、1日5分でできる不妊改善法を試してみましょう。



年齢が高くても元気なお子さんを出産している方はたくさんいますので、

年齢の心配はしなくても大丈夫ですよ。



他にも、不妊の原因には様々あります。


しかも、病院であらゆる検査をしても不妊の原因が分からない、といった方もたくさんいます。


そういった方でも3ヶ月ほどで不妊の解消ができるこのプログラム

不妊の悩みを解消しましょう。
検索フォーム 
月別アーカイブ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。