スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

不妊と基礎体温との関係とは? 

子どもが授かるためには、女性の体が排卵している必要がありますよね。


基礎体温を測れば、排卵のタイミングが分かります。


実際に、不妊症で病院へ行ったときも、基礎体温を計るように

医師に言われますよね。



女性の体の中で、排卵を起こす働きをしているホルモンがあります。


このホルモンが分泌されると、排卵が起こるのです。


分泌量が多くなってくると、脳の体温の中枢が刺激されて体温が上がります。


つまり、基礎体温が上がってくると排卵のサイン、と考えても良いですね。



基礎体温の測り方は、朝起きたら体を動かす前に測ります。


どこで測るかは、毎日同じ場所で測るのであればどこでも

問題はないようです。


毎朝同じ時間に測る方が良いです。


測ったら、基礎体温表に記入します。


折れ線グラフの形で記入するのが一般的ですね。


理想的な基礎体温の推移は、基礎体温が上がる「高温期」が12日~14日続き、

普通のときと高温期の体温差は0.3~0.5度、

低温から高温へ1~2日程度で推移するようなグラフになることです。


しかし、なかなか理想通りにはいかないものです。


高温期が短かったり長かったり、体温差が小さかったりなど

理想とは違う推移になることもあります。


体温が安定せず、高温期なのかそうでないのか分からないグラフに

なることもあります。


これでは、排卵のタイミングなんて分からないですよね。



そういった方にも安心の1日5分でできる不妊解消法があります。


1日5分でできるので簡単ですよね。


基礎体温を測り、記入するのと時間と同じくらいの時間で、

不妊の改善ができるのです。


もちろん、基礎体温を測る方法のように、体への負担はありません。


お金も余りかからないので安心ですね。


このプログラムで簡単に不妊を解消しちゃいましょう。
スポンサーサイト

不妊症の検査方法とは?原因が分からないと言われた時はどうすればよい? 

不妊症かな?と思い、病院へ行った時、どのような検査があるのでしょうか?


検査対象は、夫婦、女性の方、男性の方向けの複数あります。



夫婦向けの検査には、フーナーテストというものがあります。


これは、夫婦生活を営んだ後に頚管粘液を調べるものです。


この検査により、精子が卵子の元までたどり着けているのか、

そうでない場合はどこに原因があるのか知ることができます。


例えば、膣内には精子がいますが、子宮に居ない場合、膣と子宮の間に

何らかの理由があって、精子が子宮まで行けないことがわかります。


しかし、この結果は体調によって左右されます。


体調が悪かった場合、体調が良い時に再び検査をする必要があります。



女性への検査方法は、子宮口から頸管粘液を採取したり、ホルモン検査をしたり、

クラミジアの検査、基礎体温の検査などいろいろあります。


男性には、精巣や精子の働きを検査するものがあります。


これらの検査で、不妊の原因がわかれば、それに合った適切な治療ができますよね。


しかし、原因が分からない方も多くいます。


不妊症の方の2割~3割は原因不明と言われています。


原因が分からなければ、適切な治療なんて出来ませんよね。


だからといって、いろいろな治療方法を試すのは莫大な費用もかかりますし、

治療方法によっては体を傷つけてしまうこともあります。


なので、諦めている方もいるのではないでしょうか。



諦める前に、1日5分だけあることをしてみませんか?


体に負担をかけない方法で、1日5分ほどあることをするだけで

不妊を改善することができます。


病院で原因が分からないと言われた方でも大丈夫です。


このプログラムで原因をつきとめ、それを取り払います。


もちろん、難しい方法ではないので安心して下さい。


体を全く傷つけない方法で、お金もかからず、

簡単にできて、約3ヵ月後には自然妊娠ができるようになります。
検索フォーム 
月別アーカイブ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。