スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

不妊治療には漢方薬を使う方法もあります。 

不妊症の治療法として、漢方薬を使った治療法もあります。


普通の病院で行われているのは西洋医学に基づいた考え方なのですが、

例えば受精卵が着床しない場合、子宮や卵巣に原因があると考え治療していきます。



それに対して、東洋医学や中国医学では、子宮や卵巣だけでなく、

体全体を観察していきます。


血液の流れが悪かったり、貧血だったり、消化器の働きが弱く栄養がとりこめなかったりといった

ように体質的なバランスが崩れている部分を見つけ出し、そこを治療していきます。


つまり、西洋医学では原因が分からない、と言われても東洋医学では

原因を突き止めることが可能なのです。



そして、漢方薬の登場です。


漢方薬では、冷え、ドロドロ血、母体づくりのステップで治療していくことが多いです。



冷えは、不妊の原因にもなるものです。


漢方医学では、不妊の原因は冷えがあると考えられています。


体が冷えてしまうと子宮や卵巣の働きも低下してしまうのです。


なので、体を温めて生殖器の働きを活性化させます。


そして、漢方医学で不妊の原因としてもう一つ考えられていることがあります。


それは、ドロドロ血であることです。


ドロドロ血は健康にも良くないですが、油や脂肪分の多い食生活だと

ドロドロ血になりやすいですよね。


血がドロドロになってしまうと、子宮・卵巣にも影響があるのです。


冷えとドロドロ血を漢方薬で治療し、妊娠しやすい体を作っていきます。



しかし、それよりも簡単に妊娠を改善できる方法があります。


確かに、漢方薬は安全だし、薬を飲むのはあまり難しいことではありません。


この改善方法は、1日5分だけあることをするだけなのでとても簡単です。


もちろん、体に害のある方法は一切使いません。


漢方薬を飲み続けるよりもお金がかからない、というメリットもありますので

この改善方法もとてもよいですよ。
スポンサーサイト

不妊症の治療はリスクが高い!リスクが低い不妊改善方法は? 

不妊症の治療法には、タイミング法、薬物治療、手術治療の

だいたい3つの方法があります。


まず、タイミング法というのは、排卵が行われる日を特定し、

それに夫婦生活のタイミングを合わせる、ということです。


排卵を知る方法としては、基礎体温を測ったり、

排卵検査薬を使ったりする方法があります。


排卵検査薬は、市販もされていますし、基礎体温も家庭でできますので

比較的簡単な方法です。


しかし、妊娠できる確率が含めなのが難点です。




薬物治療は、薬を使った治療です。


排卵を誘発する薬を使うのが一般的ですね。


クロミッド、セクソビッド、フェミロンなどという名前の薬が使われます。


しかし、これらは卵巣がはれたりする病気にかかってしまう等の副作用があります。



そして、手術によるものです。


手術といっても、お腹を切るわけではありません。


お腹に2~3cmの穴をあけ、腹腔鏡を入れて異常があるとろを探し治療する方法もありますが、


人工授精や体外受精など体に傷がつかない方法が主なものです。


しかし、体外受精は平均30万~50万円の費用がかかります。


とても高額ですよね。


お金がかかったり、副作用で体に害があったりと不妊治療はとても大変ですし、

辛いものです。



しかし、1日5分で出来る不妊改善方法があります。


このマニュアルに沿って1日5分あることをするだけで、

不妊の改善ができます。


お金があまりかからず、体に全く害もなく、そしてとても簡単です。


これで妊娠に成功した方もたくさんいます。



一般的な不妊治療はリスクが高いと諦めている方もたくさんいますが、

諦める前に1日5分だけ試してみてください。
検索フォーム 
月別アーカイブ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。