スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

不妊と基礎体温との関係とは? 

子どもが授かるためには、女性の体が排卵している必要がありますよね。


基礎体温を測れば、排卵のタイミングが分かります。


実際に、不妊症で病院へ行ったときも、基礎体温を計るように

医師に言われますよね。



女性の体の中で、排卵を起こす働きをしているホルモンがあります。


このホルモンが分泌されると、排卵が起こるのです。


分泌量が多くなってくると、脳の体温の中枢が刺激されて体温が上がります。


つまり、基礎体温が上がってくると排卵のサイン、と考えても良いですね。



基礎体温の測り方は、朝起きたら体を動かす前に測ります。


どこで測るかは、毎日同じ場所で測るのであればどこでも

問題はないようです。


毎朝同じ時間に測る方が良いです。


測ったら、基礎体温表に記入します。


折れ線グラフの形で記入するのが一般的ですね。


理想的な基礎体温の推移は、基礎体温が上がる「高温期」が12日~14日続き、

普通のときと高温期の体温差は0.3~0.5度、

低温から高温へ1~2日程度で推移するようなグラフになることです。


しかし、なかなか理想通りにはいかないものです。


高温期が短かったり長かったり、体温差が小さかったりなど

理想とは違う推移になることもあります。


体温が安定せず、高温期なのかそうでないのか分からないグラフに

なることもあります。


これでは、排卵のタイミングなんて分からないですよね。



そういった方にも安心の1日5分でできる不妊解消法があります。


1日5分でできるので簡単ですよね。


基礎体温を測り、記入するのと時間と同じくらいの時間で、

不妊の改善ができるのです。


もちろん、基礎体温を測る方法のように、体への負担はありません。


お金も余りかからないので安心ですね。


このプログラムで簡単に不妊を解消しちゃいましょう。
スポンサーサイト
検索フォーム 
月別アーカイブ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。